美容師はなぜ作品撮りをするのか??

表参道・原宿 隠れ家 美容室

大きなサロンが苦手な方へ
カウンセリング重視『髪』の悩みを解決するヘアサロン
Laagf Blog

 

こんばんは!!TOMdes!!今日は雨ですね・・・

雨だとテンションが上がらないですねぇ・・・

 

晴れの方がいいですね◎

 

昨日書いたBlog

MILBON Photo Revolution 2017

 

 

引き続き今日も作品撮りBlog。この間↓にて書かせて頂いた作品撮りの別バージョン

 

一期一会。

 

先日、前にも撮影させて頂いたモデルさんが、宮崎からわざわざ東京に用事のついでに髪やりに来ていただいてそのまま撮影まで(^^)

 

街を歩きながらのロケ撮り。

 

表参道をうろうろ徘徊しながら撮らせて頂きました。

 

 

 

 

 

イイ感じのショップの前で撮ったり

 

 

 

 

 

 

 

サロンから無理やり延長コード引っ張って白バックの建物探して撮ったり

 

 

 

 

3パターンとも全然違う雰囲気ですね◎それぞれイメージが全然違って、いい感じに撮れました(^^)

 

ヘアカラーの見え方もライトや光の当たり方で全然違って見えます。暗いとこだと全然わかりずらいのですが、実はカーキアッシュのグラデーションカラーで仕上げています。

 

milbonさんのコンテスト記事でも書いたのですが、まだまだもっとうまくならなきゃ、もっとクオリティをあげなきゃですね。

 

やってるときはいい感じ♪と思うのですが、仕上がってみると、まだまだだーなーと反省点が結構あります。

 

もっとやりこまなきゃコンテストなどで上位には行けないですね。

 

そもそもなんで美容師さんて作品撮りするの??

と思いませんか??美容師にやる意味はそれぞれあると思いますが、

僕は今回

・夜やることで外でヘアスタイル、ヘアカラーはどう見えているか??

・僕が作ったヘアは街でどう映っているのか??

・髪は動くものなのでロケで自分のカットした髪はどう動くか??

 

等が裏テーマで僕の中ではありました!!決してカワイイ女の子と絡みたいとかではありませんよ笑

 

 

それをやることで、サロンワークのクオリティや判断スピードが上がったり

 

 

お客様が家に帰って、普段どんなヘアで過ごしているかなどが見えてくるので、お客様へのヘアスタイルづくりに繋がっていると思います(^^)

 

 

たまにしばらく作品撮りをやっていないと、そろそろやらないとヤバイかも??とか、鈍ってきた感覚になります。

 

 

まえは回数もこなしていたけど、最近は頻度を意識的に減らし、クオリティのアップを意識して進めています。

 

 

コンテスト獲るのもそうだけど、もっとお客様にイイへアスタルが提案できるように、もっとクオリティあげてきます(^^)

 

TOM

 

 

┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌

Stylist TOM
Hair Style: https://hair.cm/about/tomohiro
instagram: tom_la.a.g.f
Line ID: laagf
個人 ID: @txk3239q

 

┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌


 

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/
La.a.g.f Harajuku
 Tel/Fax: 03-3797-4058
 HP: http://laagf.com
 Mail: info@laagf.com
 Net予約: http://goo.gl/s9MB1V
Facebook: https://www.facebook.com/La.a.g.fTOM
instagram: La.a.g.f. Instagram
_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/