【髪がオレンジになりやすい方へおすすめ】アッシュ

表参道・原宿 隠れ家 美容室
大きなサロンが苦手な方へ
カウンセリング重視『髪』の悩みを解決するヘアサロン
Laagf Blog

TOMスケジュールのお知らせはこちら

TOMトムってどんな人??自己紹介はこちら

 

こんばんは!TOMです!

またまた台風ソーリックさんが発生した模様ですね・・・もういい加減にして笑

 

もう熱帯地域ですね・・・台風多すぎです笑

今年は何かと自然の神様が怒っているのかも知れませんね・・・他になにもないと良いですが・・・

 

ところで、皆様は美容室でヘアカラーをすることが多いですか??それともセルフ??

セルフはなるべく辞めて欲しいですが・・・

 

ヘアカラーをしていると絶対気になるのが『退色』ですよね。今日は退色するときの赤味、オレンジに抜けるのはなぜ??について原因や解決方法を。

 

 

 

よくあるのが『オレンジに抜ける』『赤味が出るのが嫌』などの退色の仕方がいや…とのお客様が多いです。

そうなんです。日本人、アジア人はほとんどの方がヘアカラーをする、した後に赤味が出ます。

 

”それはなぜ??,,

日本人は欧米人に比べメラニン色素に赤の保有量が多く、初めて染める方は特に赤くなりやすく赤が削りにくい状態です。

なので、『外国人風カラー』など赤味のない色は一度明るくブリーチした方がいいとおすすめすることがあるわけです。

←暗い              明るい→

例えば、欧米人がレベル8ブラウンが地毛だとして、そこから染めると色が入りやすいのに対し、ほとんどの日本人はレベル4の黒髪の状態でカラーする為に色が入りにくかったりするわけです。

なので、地毛の明るさが違うために赤味が残りやすかったりします。

 

 

 

『オレンジを削る』解決方法は??

方法は、色々あります。

・ダブルカラーで赤味を削る。(ブリーチまたはカラーの1番明るいので1度色を抜く)

・ハイライトを入れる。

・グリーン系、アッシュ系のカラーを何度か繰り返し入れる。

 

 

 

例えば ダブルカラー ミルクティアッシュ

 

ハイライトを入れる。カーキグレージュ

 

グリーン系、アッシュ系のカラーを何度か繰り返し入れる。4回から5回ほど明るめのブルージュを入れています。

 

このように様々な方法がありますが、ブリーチやハイライトを入れず、髪をあまり傷めたくない方には繰り返しアッシュやカーキ、ブルージュを入れるのがおすすめです◎

 

こちらは一例でしたが、髪質、髪の状態などでも、様々な方法で赤味を削ることができます◎

個人的には赤味を削るにはブルージュやカーキグレージュなどを色はオススメしています◎

 

ご来店の際には是非お尋ねくださいね^_^

 

↓には赤味を削った後のシャンプーについても書いています◎参考にしてみてください。

 

ムラシャンはどういう方にオススメなのか??

 

 

 

↓↓↓ご相談は下記LINE、お電話にて気軽にお問い合わせください。

┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌

Stylist TOM
profile http://www.laagf.tokyo/smart/tom/
instagram: tom_la.a.g.f
Line ID: laagf
個人 ID: @txk3239q

 

 

┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌


 

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/
La.a.g.f Harajuku
 Tel/Fax: 03-3797-4058
 HP: https://laagf.com
 Mail: info@laagf.com
 Net予約: http://goo.gl/s9MB1V
Facebook: https://www.facebook.com/La.a.g.fTOM
instagram: La.a.g.f. Instagram
_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/